代表挨拶

私たちのミッションは、日本の企業に対して、Wicresoftグループが持つ経験や知見を活用し、お客様の事業の効率化や拡大に貢献をさせていただくことだと考えております。

今、ウィクレソフト・ジャパンは、中国に開発を委託するオフショア形態から、日本国内でお客様に対するサービスを完結する形態へ、大きく事業の方向を転換しています。

これまで築き上げてきた技術やノウハウを活用しつつ、日本国内で、専門能力とサービス素質を持った技術者を擁して、私たちだからこそ出来るサービスを提供していきます。

ウィクレソフト・ジャパンは、独自のソリューション・プロバイダーを目指しつつ、お客様の豊かな未来づくりに参画することを願っております。

代表取締役社長 唐 駿

経営理念

全社員が結束・努力し、エンジニアとしての価値を高めることで企業価値の最大化を図ります。
社会が必要とする技術やSEサービスを提供し、社会に貢献します。

グループ行動基準(PPE理念)

  • Professionalism “プロ意識を持って行動し、多くの活躍の場に恵まれるエンジニアとなる”
  • Proactive “率先行動しチームワーク(結束)を強固にしてより良い会社に”
  • Enjoyment “人生で一番輝く時間を、楽しい活動を共に過ごす”

沿革

2002年6月 Microsoft社と上海市政府の合同出資によって上海Wicresoft設立
2006年6月 株式会社ウィクレソフト・ジャパン設立(オフショア開発のブリッジ会社として設立)
2008年10月 大阪事業所開設
2013年1月 名古屋事業所開設
2015年1月 唐駿が会長兼CEOに就任、PPE理念を定義
2018年3月 株式会社ヴィー・エス・シージャパンへ20%出資